青汁を飲むことで、なにかデメリットはあるの?

MENU

青汁を飲むことで、なにかデメリットはあるの?

ある程度の歴史もありますし、
健康や美容に効果的という印象が強い青汁ですが、

 

青汁を飲むことで、なにかデメリットはあるのでしょうか?

 

 

青汁はたいていの場合、野菜を原料として使われています。
なので、化学物質などの入っているようなサプリメントと比べて、
副作用等は無い印象ですよね。

 

たしかに、青汁は基本的には副作用などを気にする必要がありません。

 

ですが、食物繊維が豊富にはいっているので、
お腹が緩くなってしまうことが多いようです。

 

今便秘がちな人は、それほどでも無いと思いますが、
元々お腹がゆるめな方は、ファンケルの青汁のお試しなどで、

 

自分が飲んだ場合どうなるのか確認しておきたいですね。

 

 

いきなり本商品をまとめ買いして、飲んだらお腹を下してしまった
なんてことになったら目も当てられません。

 

 

それと、青汁には緑黄色野菜の栄養が豊富に含まれていますが、
ビタミンKについては、飲んでいる薬によっては影響する可能性もあります。

 

心臓を患っている方や脳梗塞の方が飲むワルファリンなどの
抗凝固剤が、ビタミンKの影響を受ける可能性があります。

 

ビタミンKは血液を凝固させる成分に影響するので、
抗凝固剤との相性が悪いことを覚えておきましょう。

 

なんにせよ、飲み過ぎは悪影響があるか、意味が無いかの2択なので、
適切なタイミングで1日1杯を欠かさず飲むようにしたいですね。

 

個人的には起床時に飲むのがおすすめです。
水分補給も兼ねて、朝一番に青汁の栄養を摂っておくのはいかがでしょうか。

 

 

>>ファンケルの青汁はドラッグストアで買える?【青汁の販売店情報】